ラポマイン ノアンデ

ラポマインとノアンデを様々な面から比較してみました

ラポマインとノアンデはともにワキガ対策に用いることができるデオドラント製品です。
この二つにはどのような違いがあるのでしょう。

テクスチャーの差は?

まずラポマインのほうはワキの保湿を重視してつくられたクリームです。においを発する原因となる余分な汗や皮脂を抑えてくれる働きに優れています。
さらに、殺菌効果によって除菌率は99.9%以上となっており夏の時期には欠かすことができないアイテムとして定着しています。

一方のノアンデは、ジェルタイプの制汗デオドラント製品です。特徴としては、最初にピーリングを行うことで角質の詰まりや汚れなどを除去することができます。それから、においの元となる細菌を除去します。
こちらも、除菌率は99.9%となっており優れた殺菌作用があるため女性などに人気です。保湿についてもしっかりとうるおいを与えてくれます。

 

成分に違いはあるの?

成分の違いを見ていくと、ラポマインには有効成分としてイソプロピルメチルフェノールと呼ばれる成分を含んでいます。
この成分は、ナノ化されていることが特徴であり角質層まで浸透することによってにおいの原因となる細菌を消去してくれます。
これに加えて、柿渋エキスも配合しておりこちらも分子レベルで皮膚の奥深くに浸透することによってこちらも細菌を分解してくれます。
薬用成分のフェノールスルホン酸亜鉛は、においのもう一つの原因である汗を抑制してくれるため汗に悩まされるリスクも減らしてくれます。
ラポマインは、使用感についてもこだわっており洋服にシミがついてしまうこともなく快適に使用することができます。

ノアンデのほうは、こちらもイソプロピルメチルフェノールとフェノールスルホン酸亜鉛を含有しています。さらに、柿タンニンや甘草・アロエエキスなどの消臭成分や保湿成分を配合しておりにおいを除去する効果に優れています。
次に、独自の製法によって無添加処方を追求した結果、使用感がとにかく優しいことが特徴です。子供でも使用することができ、肌荒れなどが起こる心配についてはパッチテストをしっかりと行った結果なかったというデータがあります。
さらに、使い始めてから持続力に優れていることも魅力です。朝のうちに使えば夜まで効果が長持ちします。
成分については、どちらがオススメなのかについては一概にはいえません。気分次第で自分にあいそうなものを購入していけば良いでしょう。

 

売り上げはどちらが上?

売れ行きについては、ラポマインについては12万本以上の売れ行きとなっています。ノアンデのほうはというと、40万本以上となっており売れ行きについては差が見られます。ただ、実績についてはどちらも折り紙付きといえますのでそこまで気にする必要はないでしょう。
購入方法についてはちらも通販限定の商品となっているため、店頭販売についてはされていません。薬局などで購入しようとしてもとても難しいので覚えておきます。どちらも、公式サイトの通販ページのほうから購入するようにします。
ラポマインの価格については、通常価格は税別で8,560円に送料が税別で600円かかりますので約1万円します。ただ、定期便コースで申し込んだ場合には税別で5,700円となっており送料無料で購入することができます。
一方のノアンデの価格については、通常価格はこちらも約1万円しますが定期便コースで購入すると4960円の税別価格で購入することができます。2回目以降も同じ値段で購入することが可能です。
価格面でみた場合は、若干ノアンデのほうがお得に購入することができるといえます。ただ、どちらが優れているかについては一概にいえませんので、使いやすそうだと感じたほうをまずは選んでおくと良いでしょう。

 

 

↓↓ワキガ対策のついでにくすみもなくしたいなら↓↓