ラポマイン 副作用

ラポマインは使用しても副作用は起きない?

ラポマインは医薬部外品ですが、肌に優しい処方となっています。子ども・お年寄りにも使えるように低刺激タイプとしているので安心です。
デオドラントは消臭効果を高めるために高刺激になっているものが多いですが、ラポマインはその心配はありません。
その秘密として優れた保湿力を有しており、乾燥肌を予防できることがあります。肌が乾燥しているとデオドラントに負けてしまう可能性があるので、普段から保湿を徹底しておくことが副作用を予防する秘訣です。

 

ラポマインは副作用がほとんどありませんが、これも保湿にこだわっているからです。塗るだけで殺菌・制汗ができるだけでなく、化粧水のように肌を保湿してくれます。
プルプルになった弾力性のある肌は、外的刺激に強くなっています。刺激に負けない肌を手に入れるためにも最適なデオドラントなのです。
乾燥肌を放置するとニオイを強くしてしまいますが、これは皮脂分泌が増えることが最大の理由です。ほかにも肌のバリア機能、ターンオーバーなどが悪化し、発汗を促してニオイを強くすることがあります。

 

医薬品を例にするとわかりますが、同じ薬を飲んでいても副作用の出る人もいれば、まったく出ない人もいるでしょう。
薬である以上は副作用ゼロはありえませんが、ほとんど気づかない方もいます。気づかなければ実質的にないのと同じと考えられます。
これはデオドラントにも言えることであり、使用することで肌荒れする人もいれば、しない人もいるわけです。両者は肌質に違いがあると考えられますが、肌質とは日々の習慣が作り出すところが大きいと言えます。

 

肌の乾燥が気になっていた方ほど、ラポマインを使用してから肌が元気になったと答えている方が多いようです。保湿をすることは非常に効果的な体臭対策になりますし、ニキビや日焼けからも守ってくれます。特に日焼けしやすい方ほど、肌の保水力が低いと考えられるので保湿を徹底するべきでしょう。最大の美肌ケアは保湿にあり、これはエステティシャンも断言するほどです。

 

ラポマインには有効成分としてパラフェノールスルホン酸亜鉛とイソプロピルメチルフェノールが含まれています。医薬部外品の成分ですが、刺激性は極めて弱いものです。
ただ、稀に肌との相性がよくないと感じる方はいるので、そうした方は皮膚科の医師に相談してみるのがよいでしょう。
相談をした結果、乾燥や敏感肌が原因だと言われた方もいます。いずれにせよ肌状態は常に正常に維持したいものです。