ワキガ 耳垢

ワキガは耳垢の状態でわかるって聞いたけどホント!?

自分のにおいというのは、毎日嗅いでいるので鼻が慣れてしまいきちんと判断できなくなってしまいます。ワキガかもしれないという不安を持っている場合は、客観的に判断できるように耳垢をチェックしてみましょう。耳垢が湿っている場合はワキガである可能性が高いです。

 

そもそも、ワキガとはアポクリン腺から出る汗が雑菌に分解されることで発する独特のにおいのことです。
汗自体は無臭ですが、タンパク質を豊富に含むという特徴があり、雑菌が好んで分解する結果、独特のにおいにつながります。アポクリン腺というのは、生まれつき持っている人とそうでない人に分かれます。
持っていない人は、アポクリン腺ではなく、エクリン腺という汗腺から汗を分泌していますが、こちらは雑菌が分解しても独特のにおいではなく、汗臭いにおいとして感じられます。

 

耳垢が湿っている場合、このアポクリン腺による汗が原因で起こることが多いです。アポクリン腺は生まれつき持っている人とそうでない人に分かれますが、持っていない人がワキガになることはありません。
ただ、このように書くと、耳垢が湿っているとすべての人がワキガだと考えてしまうかもしれませんが、それは間違いです。

 

まず、耳の中には他にも皮脂腺があり、そこから分泌されるもので湿っている場合もあるからです。自己判断で決めるけるのではなく、最終判断は医師による診察が必要になります。
耳垢の状態で分かるのは、ワキガの可能性が高いということだけで、確定ではないことを覚えておきましょう。その他にも、白いTシャツの脇の下の部分だけ汗で黄色になったりするようなことを総合的に判断しなければいけません。
また、耳垢が乾燥していれば全くの無臭だということでもなく、汗が分泌されれば汗臭いにおいなどを発生します。ワキガであることを認めたくない人もいますが、耳垢の状態などを判断しておくと、においのケアを行うなど、自らにおいに対して積極的になることができます。