ワキガと汗の臭いの違い

ワキガと汗の臭いは全くの別物!?

色々な臭いがある中でも特に本人が知らない内に周りに迷惑をかけてしまっている臭いと言えばワキガで、周囲の方はワキガの人が近くにいると直ぐに気づくものですが、厄介なのは本人は子供の頃から慣れてしまっているので臭いを感じる事はあまりありません。
またワキガの臭いを経験した事の無い方は単なる汗の臭いをワキガだと勘違いする事もありますが、実は単なる汗臭さとワキガの臭いは全く異なる物です

 

そもそも臭いの原因となる物質が違い、気温の上昇やスポーツ中に出る汗は全身に分布しているエクリン汗腺という汗腺から出ます。

 

その一方でワキガの原因となる汗は、脇に集中して存在するアポクリン汗腺から出る汗でエクリン汗腺から出る汗は無色透明なのに対して、アポクリン汗腺から出る汗は乳白色です。
この汗には脂質やたんぱく質を多く含んでいて脇の皮膚や体毛に潜んでいる雑菌が分解する事によってワキガが発生します。
通常の汗の場合は無臭なのですが一緒に古い皮脂や角質が流れ出て雑菌が分解する為に、酸っぱい様なムワっとした汗臭さになるのです。

 

対してアポクリン汗腺からの汗の場合は雑菌が分解する成分が違う為に、汗臭さとは明らかに違うツーンとした臭いや、人によっては唐揚げの様な臭いだと表現する方もいらっしゃいます。

 

本物の唐揚げの臭いは食欲も出てきますが、似たような感じでもワキガの臭いで食欲が出る事はないどころか敏感な人はその場から逃げ出したくなる程の強烈な臭いなのです。

 

本人は中々気づきにくい物ですが、セルフチェックする手段としてシャツの脇の部分が黄ばんでいる方は可能性があるのでチェックする事が治療の第一歩とも言われています。