ワキガ 漢方薬

ワキガに漢方薬は効く!?その意外な効果とは

ワキガの治療法として、汗腺を取り去る手術を行う、石鹸やクリームを使う方法があります。
そして、第三の道として漢方薬を利用する方法が最近注目されています。漢方薬は民間療法とは異なり、医学的な根拠もしっかりあるものですから、治療として大変効果的です。
また、漢方が目指す治療は「体質を根本から改善させること」にあります。ワキガの軽減を狙うだけではなく、体の不調を改善することも期待できるメリットがあります。そこで、ワキガ改善に効果があると言われる2つの漢方薬を紹介していきます。

 

ワキガにはこれを使おう!厳選漢方薬を紹介

1つ目の漢方薬は、「防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)」です。防己黄耆湯は水ぶとりやむくみなどの症状に効果を発揮する薬ですが、ワキガへの効果も期待できます。
この薬は、体内の水分の巡りを正常にする働きがあります。体内に溜まった水分を尿としてしっかり排泄させる作用がありますから、汗の量を減らすことができるという仕組みです。
なお、体力が中程度以下で疲れやすく、汗をかきやすい方に有効な薬とされています。

 

2つ目の漢方薬としては、「黄耆建中湯(おうぎけんちゅうとう)」が挙げられます。
黄耆建中湯はワキガ対策の漢方薬としては最も利用されているとも言われています。先ほど出てきた防己黄耆湯と同様に、黄耆という文字が含まれていることに注目してみてください。
この黄耆には、汗の量を調節する働きと栄養状態をよくする作用があります。この作用によって、汗をかきやすい体質を改善することができます。
ちなみに、体力が虚弱で冷え性であり、寝汗をかく方に有効とされています。子どもにもよく処方される薬ですから、副作用の心配が少ないのもメリットです。

 

これらの漢方は、手術やクリームと異なり即効性があるわけではありません。しかし、手術やクリームでワキガが改善しなかったという方にとって、最後の砦ともいわれる治療法です
また、漢方薬を用いた治療は、ワキガの原因を根本から改善できるということで、将来の健康を買うことができるメリットもあります。