ワキガ 食生活

ワキガを悪化させない為に正しい食生活をしよう!!

ワキガは、周囲の人にも影響を与えかねない深刻な問題です。たとえ本人の人格や仕事ぶりが好ましくとも、臭いが酷いと敬遠されてしまいます。こうした事態に陥らないためにも、詳しい知識を得て、早めに改善策をとることが大切です

 

ワキガを悪化させてしまう原因としては、食生活の乱れも指摘されています。脇にある汗腺から出る悪臭は、アンモニアの他に、脂肪酸や動物性蛋白質も重要な要素となります。
つまり、外食中心の人にありがちな肉の多い食事は、ワキガを促す結果となってしまうのです。

 

また、脇だけでなく体臭そのものも酷くなってしまいますので、ますます悪い印象を与えてしまいます。他にも香辛料やアルコールなどは、汗腺を活発化させてしまい、悪臭が発生する頻度も上がってしまいます。こういった点からも、外食は控えめにしておくのが望ましいでしょう。

 

ワキガ対策として食生活を改善するためには、和食に重きを置くのが最善策です。野菜多めの食事は、食物繊維の働きにより腸内環境を整えてくれます。
腸内に悪臭の原因となる物質がいつまでも留まっていると、それだけ汗腺への働きかけも長くなりがちです。それだけに、健やかな環境を整えきちんと老廃物を出す力を高めることで改善効果が期待されます。

 

腸内環境に貢献してくれる食べ物としては、キムチや味噌、ヨーグルトといった発酵食品も有用です。もちろん日本伝統の漬物や納豆は、こうした食べ物の代表格ですからおいしく対策をとることができます。

 

食事の他に気を付けたいことってなに?

ワキガの原因としてはストレスも知られており、これを抱え込んだまま暴飲暴食すれば、ますます悪化してしまいます。
食生活と共にライフスタイルそのものを見つめ直し、少しずつ負担のない改善を実施していくことが大切です。
それでも気になるのであれば、対策グッズや手術による汗腺除去といった方法もあります。まずはすぐにできることから行動を開始して、ワキガによるコンプレックスを乗り越えていきましょう。