ワキガ 手術 保険

ワキガ手術の保険適用は条件があるらしい!?

ワキガに悩んでいる人で治療を行っているは多く、手術を検討している人も珍しくありません。手術には保険が適用されるケースがあります。ワキガ治療のための手術が保険適用となるための条件や金額などについてご紹介します。

 

ワキガのニオイがきつくなる原因はアポクリン腺から出ている汗です。遺伝的にアポクリン腺の量が多い人がおり、この場合汗のニオイがひどくなる症状が出ます。日常生活の中でアポクリン腺を減らすことは難しいため、腋のニオイがきつい場合根本的な治療を行う必要があります。
腋のニオイをひどくさせている汗腺を切除するためには、通常30万円程度必要です。保険適用になれば、3万円から5万円程度になります。汗腺切除について、保険適用を行っている病院を見つけることが最初のステップになります。

 

病院によっては全額自己負担でしか汗腺切除を行っていないところがあります
美容外科やクリニックの場合、自由診療しか受け付けていないケースがあるため、インターネットなどで事前に確認し、電話などでもチェックしておくことが重要です

 

 

手術の方法によっても保険が適用される場合とそうでない場合がある?

汗腺切除方法によって、保険が適用されるものとそうでないものがあります。
ただし、自由診療しか認められない汗腺切除治療があるため、メリットとデメリットを考慮して担当医師ともよく相談する必要があります。

 

さらに、ワキガのニオイがひどいことについて、医師が症状を認めるかどうかもポイントになります。
保険が適用される手術を行っている病院であったとしても、ワキガとして医師が認めなければ汗腺切除に保険は適用されません。ワキガのニオイを医師が確認して、可能かどうかを判断することが多くなっています。

 

保険が適用されることによって、5万円程度でワキガ手術を行うことができます。ワキガは深刻な問題で、社会生活への影響も大きいため、汗腺切除方法や費用などをよく考え、手続きを行うことが大切です。