ワキガ 遺伝

ワキガは親から遺伝するというのはホントなの?

ワキガは遺伝するのか気になる、という疑問を持つ人は結構おられます。結論からいってしまうと、ワキガは遺伝します。

 

ワキガは、脇に集中しているアポクリン汗腺から分泌されている汗が原因となっておこります。このアポクリン汗腺から出てくる汗は、通常の汗とは異なっています。通常の汗とは違い、脂質とかタンパク質などを含んでいるものになります。これらの物質を、皮膚の常在細菌が分解するときに発生する臭いがワキガといわれています。

 

アポクリン汗腺の量というのは、生まれつき決まっています。そしてその量は、遺伝で決定するといわれています。そのため、両親とか兄弟もワキガで自分もそうだという人が多くいます。

 

両親がワキガだとどの位の確率でワキガは遺伝する?

もしも片方の親がワキガの場合、子供もなってしまう確率は50%になります。そして両親ともにワキガの場合は、子供に遺伝をする確率は80%にまで上がります。優性遺伝なので、かなりの高確率で遺伝してしまいます。もしも遺伝をしてしまった場合は、思春期ころに気が付くことが多いです。そのため、まだ小さい時期にはわからないことが多くあります。小さいころは全くそのような傾向はなかったのに、思春期のころにだんだんと臭いと思うようになり発覚する、ということが多いです。それは、原因となるアポクリン汗腺の成長が、子供から大人の身体に成長をする第二次性徴のころに活発になるからです。第二次性徴は男性の場合は、9歳から13歳くらいで始まります。そのため、思春期のころに発覚するのが一般的です。思春期というのは、どうしても精神的に不安定になってしまうことが多い時期です。もしもなってしまったのですが、両親もワキガということが結構多いです。1人で悩むのではなく、両親に相談をするなどして、アドバイスをもらうことも大切です。

 

最近は病院でいい薬をもらうことができたり、手術をしたりして治すこともできます。遺伝は防ぎようがないことなので両親などにアドバイスをもらい、一番いい方法を考えることが必要です。